NexTime

家族経営のまんま、拡大し、国際ビジネスになったオランダの時計メーカー

公式サイトへ

1970年から現時代へ

1970年、夫婦ハンスとハニ・フリー(現在の代表のアレイン・フリーの両親)がAlma時計を成立しました。その時代、美しく手作り機械式時計がマーケットの中心にありました。Almaが業界のトップ評価を受け、特にオランダ風の「ザーンセ時計」、イギリス風の置時計、フランスの「コムトワーズ」と天象儀時計が技術高いことに知られていました。高い技術とデザインのこだわり、そして独自ブランド「クリスティアーン・ホイヘンス」直ぐにも国際的な注目を集めました。この小さな、ローカルな時計会社があっと言う間に日本から、アメリカ、世界中に時計を売っているようになりました。1970年、夫婦ハンスとハニ・フリー(現在のアレイン・フリーの両親)がAlma時計を成立しました。その時代、美しく手作り機械式時計がマーケットの中心にありました。Almaが業界のトップ評価を受け、特にオランダ風の「ザーンセ時計」、イギリス風の置時計、フランスの「コムトワーズ」と天象儀時計が技術高いことに知られていました。高い技術とデザインのこだわり、そして独自ブランド「クリスティアーン・ホイヘンス」直ぐにも国際的な注目を集めました。この小さな、ローカルな時計会社があっと言う間に日本から、アメリカ、世界中に時計を売っているようになりました。

NeXtimeの力

創立した以降、アルマ時計(現在 NeXtime)は様々な新しいデザインにチャレンジし、新しいコンセプトの時計を発明続けています。このブランドの特徴は真面目に諦めずに続けることです。その動力のおかげで、他のメーカーより先、マーケットの変動を読み、立場を守ることができました。

M&Aの歴史

初めてのM&Aは1980年代に有名なメーカー 「クリスティアーン・ホイヘンス 」を合併し、時計のマーケットの立場を製作することができました。1993年に伝統的な時計製作を加えて、モダーンクロックにチャレンジを始めました。小さな時計メーカーNeXtimeを合併しました。

NeXtimeの技術を取るだけでなく、ブランド力を理解し、NeXtimeの名前を保ち、会社のイメージをモダーンに変更できました。

それ以降も他の会社を合併し、最後の合併はグランスクロックと言うIoT端末のメーカー。

他の企業より真面目

この歴史を読み帰ると会社の心を明らかになります。効率が良く、細かいところまでに力入れ、会社のビジョンを現実させる力。他の会社が失敗しても、NeXtimeが合併し、成功することができる歴史を振り返ると会社の心を明らかになります。効率が良く、細かいところまでに力入れ、最後まで行く力がある会社です。

この細かいところまでを大事にする、効率性は時計の中にも見ることができます。

商品の特徴

現在は日本のマーケットがまだNeXtimeの商品が限られています。Glimpseに購入可能な商品がGlance Clockのみになります。

2016年にIoTバンチャー企業グランステックにグランスクロックと言う新技術の製品の部品を頼まれました。今までも才能を持つアイディアで、当時にもIndiegogoで5000万円以上なサポートを集まっていました。ただし、まだ未熟なグランステックが製作ミスで辛い状況に落ちました。現金不足で、サポーターに商品を送るのが、非常に遅れ、ほぼ無理な状況に落ちてしまいます。NeXtimeがそのパートナーを大事にし、投資までして、数年にかけて、すべてのサポーターに製品を届く約束を果たします。NeXtimeの役割が少しずつ多くなり、最後にグランスクロックのプロジェクトを完全にNeXtimeに渡すことになりました。

チームの特徴

時計を製作するに欠かせないデザイナーがもちろん自分の会社にも存在しますが、

オランドのトップデザイナーを探し出し、NeXtimeのとコラボで新しい時計を発明することも少なくありません。オランドのデザインと言えば、レム・コールハースの建築デザイン、ヘリット・リートフェルトの赤と青の椅子、ヴィクター&ロルフのファションなどを例としてあげられます。

オランドのデザインがミニマリスト、気楽、革新的、変わった感じで滑稽性を持っています。
- Alain Frie,  NeXtime取締役

NeXtimeの哲学

NeXtimeがなぜ時計をデザインし、作ていますかと言うと答えが簡単。「いい時間」を作りたいからです。お客様の人生を豊かにし、毎回時間を見るときに笑顔を出るほどの作品を作りたいです。自分の独特デザインに誇りを持ち、お客様の大切な時間の一部になりたいです。時間が様々な経験を数える体験できる人生のツール。年齢、性別、国籍、気候、など様々な環境がありますが、時間が時間です。どんなところに行ってもNeXtimeの時計に時間を表示できるように、動力し続けます。

長い歴史を目指す

NeXtimeの未来のビジョンが世界中の時間を保管することです。世界の時間と言うと先に世界を守らなければなりません。そのため、2009年からGreen timeと言う名前で、会社のサステナビリティを大切にしています。

NeXtimeが商品の製作にもちろん値段とクオリティーを大切にしますが、さらに職人の労働環境、環境への影響、CSRを取り入れています。サプライヤーからの環境にオプションを提案していただき、ポリシーに入れています。

それと私たちは

• 環境に影響が少ない、無毒またはリサイクルされた材料を利用し、エネルギーの量を減らします。

• 技術とスケールで電力を減らします

• 長く使い続ける商品を製作します。交換する必要がないため、環境への影響を減らします。

会社の社員にもバリューを理解してもらい、“グリーン”の働き方、アイディアの提案を考えさせます。リサイクルがもちろん、トラベルの代わりにテレビ会議、ファックスを諦め、デジタルソリューションを利用し、できるだけものを印刷しないことをしています。

カタログまで、必要な時だけに印刷し、オンラインにダウンロードできるようにしています。