鉄球が枯山水を描く魔法のテーブル Sisyphus(シシュフォス)日本上陸

株式会社Earth Ship(アースシップ) はアメリカのクラウドファンディングで2億円の支援を調達したキネティックアートテーブルSisyphusの日本仕様バージョンを、「日本版Sisyphus(シシュフォス)」として、クラウドファンディングサイト「Makuake」にて、2019年12月19日より先行販売することを発表しました。

12月20日時点でMAKUAKEを確認すると1日で目標の100%を超えています。


日本の伝統文化とIoTが融合 

Sisyphusは、日本の「枯山水」から着想を得て、アメリカで生まれたプロダクトです。ガラステーブルの中に敷き詰めれた砂の上をゆっくりと鉄球が転がり、神秘的な美しい模様を描き続けます。

鉄球が描く神秘的な模様は30種類以上あり、模様のデータはプレイリスト化されており、スマートフォンからの操作できる仕様

シシュフォス

ラインアップは「サイドテーブル」「コーヒーテーブル」「ハードウッドコーヒーテーブル」の3種で「ハードウッドコーヒーテーブル」は2サイズでの展開となっているとのことです。

メタルフレーム
・サイドテーブル(幅約56cm・高さ約56cm)
・コーヒーテーブル(幅約92cm・高さ約41cm)

木製
・ハードウッドコーヒーテーブル
2サイズ展開
3FT COFFEE TABLE:幅約92cm・高さ約41cm
4FT COFFEE TABLE:幅約122cm・高さ約41cm

シシュフォス 種類

支援金額はメタルフレームのサイドテーブルが198,000円~、コーヒーテーブルは298,000円~、ハードウッドコーヒーテーブルが1,500,000円~で、お届けは2020年4月までとなっています。


MAKUAKEで支援する(外部リンク)