靴のままゲレンデを滑ることができる?!【snowfeet 2/snowfeet X】

日本でも人気急騰中の新スポーツ「snowfeet(スノーフィート)」にシリーズ最新となる【snowfeetⅡ】と【snowfeet X】が「machi-ya」にてプロジェクト実施中です。

スキーよりもスノーボードよりも手軽!スノーフィート

チェコ発祥の新しいウィンタースポーツ「snowfeet」。スキーやスノーボードよりも軽く、手軽で動きが自由。2019年に日本に上陸し、ジワジワと人気上昇中の注目スポーツなんです。そんなsnowfeetの特徴をご紹介します。

人気急騰中の新スポーツ「snowfeet(スノーフィート)」参照元:machi-ya

①靴でゲレンデを滑っているかのような感覚
スノーフィートは靴のままゲレンデを滑る感覚。スキーとスケートが混ざったような滑り心地で雪上を自由に動き回ることができます。
重量は片足わずか678gなのでスキーやスノーボードに比べて非常に身軽です。

②バッグに入れて持ち運べる
非常に軽くて小さいので、バッグに入れれば簡単に持ち運びができます。気軽にスキー場に行くことはもちろん、雪山登山でも大活躍!

③着脱がとても簡単
ビンディング形式なので、簡単にブーツに取り付けができます。あらゆる防水性を備えたシューズに取り付け可能です。ハードブーツ(スキーブーツ)、ソフトブーツ(スノボブーツや防水性ウインターシューズ)で乗るも良し。お好みの防水シューズでもOK!スキーやスノーボードと一緒に持っていけば1回で2度楽しめます。

④意外と安全
スキーやスノーボードに比べ、板が大きくないので転んでも足が巻き込まれることもなく、受け身が取りやすく安全。その上コントロールしやすいので初心者でも比較的すぐに滑れる様になります。

人気急騰中の新スポーツ「snowfeet(スノーフィート)」参照元:machi-ya⑤たいていの靴のサイズに対応
ワンサイズで22.5cm 〜 30.5cmまで対応します。友達とシェアして使ったり、午前中はお子様がライドして午後からはパパが。なんてお使い方も可能です。

人気急騰中の新スポーツ「snowfeet(スノーフィート)」参照元:machi-ya⑥ブレーキやターンもできる
サイドにある金属製のエッジを蹴り込むだけで簡単に曲がったり止まったりすることが可能。 初心者の方であればヒールのブレーキを使うことで安全に減速することもできます。

⑦楽しみ方は無限大
動きやすく身軽なのでジャンプやトリックなどももちろんできます。上陸したばかりなのでまだまだ遊び方は未知数。新たな技を生み出すこともできるかもしれません!

商品詳細

人気急騰中の新スポーツ「snowfeet(スノーフィート)」参照元:machi-ya

人気急騰中の新スポーツ「snowfeet(スノーフィート)」参照元:machi-ya【snowfeet 2】
長さ×幅×高さ:48cm×14cm×3cm
重さ:1.24kg(片足:712g)
カラー:ブラック、グレー、レッド、ブルー

人気急騰中の新スポーツ「snowfeet(スノーフィート)」参照元:machi-ya【snowfeet X】
長さ×幅×高さ:48cm×14cm×3cm
重さ:1.52kg(片足:760g)
カラー:ブラック

ソール(底面)の構造は同じになっておりますので、滑走性能に関してはどちらも違いはありません。気軽に楽しみたい方はsnowfeerⅡがオススメ。本気でsnowfeetをやりたい方はプロ仕様のsnowfeetXがオススメです! 

支援金額は18,326円~でお届けは2020年11月を予定しています。

荷物が多くいのがちょっとネックなウィンタースポーツ。これならうんと身軽になるからはじめやすいですね。どんな感覚なのかかなり気になります!スキーやスノーボードに飽きてきたという方も、ウィンタースポーツはあまりやらないという方も、新しいこのスノーフィートで今年の冬は楽しんでみませんか?

machi-yaで支援する(外部サイト)