HUD、リアカメラ搭載次世代スマートヘルメット【クロスヘルメット X1】

株式会社Borderlessは、「Makuake」にて、【クロスヘルメット X1】のプロジェクト実施中です。

参照元:@Press

360°視界ヘルメット

長らく変化を遂げてこなかったヘルメット。ここにきて【クロスヘルメット X1】がまさに次世代型、便利かつ安全なヘルメットがヘルメット業界に大きな変革をもたらします。

主な機能

参照元:@Press●HUD(ヘッドアップディスプレイ)
専用設計双眼式HUDはIPD(瞳孔間距離)調整が可能、ユーザーに優れたAR体験を提供

参照元:@Press●リアカメラ
専用設計された超広角カメラは170°のエリアを捕捉することが可能。この映像はHUDに映し出されるので後方を振り返って確認する必要がない。

●サウンドコントロールシステム
周波数制御によるサウンドコントロールで聴覚へのダメージを軽減。
●ワイヤレス接続
2.4GHzワイヤレス接続機能でスマートフォンと連携。ボイスコマンドを使っての通話や検索ができるのでハンズフリーでの操作が可能に。

参照元:@Press●タッチパネル
静電容量式タッチパネルを左側イヤピースカバーに内蔵

参照元:@Press●セーフティLEDライト
高輝度LEDライトを内蔵し、夜間の視認性を大きく向上

●スピーカーユニット
迫力のスピーカーユニットに高性能マイクを内蔵、通話と音楽視聴が可能
●3Dカーブバイザー
専用の光学設計で従来のバイザーの視認範囲を30%* 向上(*Borderless社比較)。それによりヘルメット装着時に圧迫感がなく、開放的な気分でライディングに集中することができる。
●グループトーク
VoIPテクノロジーによるグループトークを専用アプリに実装
●ナビゲーション
マップAPIを使用し、ユーザーにターンバイターンによるナビゲーションを提供
●安全性能
北米規格DOTに準拠、欧州ECE、日本JIS規格認証を進行中、その他各電波法令に準拠。最先端のバッテリー技術を採用しており、このリチウムセラミックバッテリーは、一切の物理的衝撃、刺突、熱損傷などによる漏れ、発煙、発火、または爆発のリスクを完全に回避。

専用アプリを使うことによってHUDにナビ、バッテリー残量、天気予報などを表示することができ、グループトークやサウンドコントロール機能も使用することが可能です。


商品詳細

インプット:USB タイプC
安全規格:DOT, ECE, JIS
HUD 解像度:0.23 nHD+ resolution (3281 ppi)
帽体素材:ポリカーボネート + ABS
カメラ画角:170度 超広角
重量:1,920g

LEDライト:白色
メインプロセッサ:Quad ARM Cortex A53, 1.2 GHz

連続稼働時間:4〜6 時間
ストレージ:8GB

サイズ:Medium (58-60cm)/Large (61-62cm)

モバイルアプリ:iOS, Android
ワイヤレスコミュニケーション:2.4GHz
バイザーカラー:透明、ダーク、フォトクロミック
位置測定:GPS, GLONASS


カラーバリエーションはラスターブラック。ツインパックを購入するとアイアンシルバーも選択可能です。支援金額は150,000円~でお届けは2020年10月を予定しています。

なんだかちょっと”007”のような世界!と普段バイクに乗らない私もこれを装着するために大型免許を取得したくなってしまいました。楽しいツーリングをより安全に、充実したものにしてくれる次世代型ヘルメット、要チェックです。

公式サイトをチェック(外部サイト)   Makuakeで支援する(外部サイト)