本格的なフライトシミュレーターで空飛ぶ体験ができる貴重な施設、存続をかけてクラウドファンディング開始!

Skyart JAPAN株式会社では、フライトシミュレーターによるパイトロット体験サービスを提供しています。しかし、新型コロナウイルスによる感染症の影響で、臨時休業を余儀なくされました。

今回、この貴重な施設を存続するためにクラウドファンディングをスタートしています。支援は1,500円から可能で、1万円で30分間のフライトシミュレーションができるなど、複数のリターンコースがあります。

世界に約20台だけのシミュレーター

参照元:value press

操縦体験施設では、「ボーイング777」と「ボーイング737MAX」 のフライトシミュレーターを導入しています。これらは世界に20台ほどしかない貴重なシミュレーターです。

本物の飛行機と同じスイッチやボタンを使用しているためコクピットの再現度はかなり高く、ソフトウェアもボーイング社と同じものを使っています。

参照元:value press

世界約4万5000箇所の空港データを登録しているため、様々な飛行ルートを選べることができ、プロのパイロット訓練さながらの体験ができます。

操縦士資格を有したパイロットがインストラクターとして案内するのでお子様も楽しめます。

エアバス320の本物の客室でドリンクを楽しめる

参照元:value press

エアバス320の本物の客室でドリンクを飲みながらゆっくりくつろげます。

実際の航空機で使われている備品も数多く備えているので航空ファンの方は必見です。

支援とリターン

感染症の拡大から臨時休業を余儀なくされている中、貴重な施設を存続させるために支援を募っています。

支援は1500円から可能で、支援コース別にリターン(商品券やフライトシミュレーター体験、グッズの提供など)が用意されています。

詳しくはクラウドファンディングのページをご覧ください。

プロジェクトを支援する(外部サイト)