【レビュー】ROG Phone3とブラックシャーク3の違いとは? PUBGモバイル国際大会出場のみしぇるさんによる比較レビュー!

PUBGモバイル国際大会の日本代表や、実況解説などで有名なMitchel/みしぇるさんがROG Phone3とBlack Shark 3の比較をしてくださいました。

長時間にわたって両方のスマホを使った上で、PUBGプレイヤー視点によるレビューをしていただいています。より強くなりたい方やPUBGモバイル大会のために切磋琢磨されている方は必見です。

みしぇるさんのYouTubeチャンネル(外部サイト)


レビューした商品はこちら↓

Black Shark3
コスパで選ぶならこちら!
商品ページを見る

ASUS ROG Phone 3
ハイスペックで選ぶならこちら!
Amazonで見る(外部サイト)


ここからは動画レビューの文字起こしを編集したものとなります。テキストでじっくり読みたい方は是非ご覧ください。※みしぇるさん了承のもとレビューの文字起こしを行っています。

【目次】

  1. 結論:Black Shark3とROG Phone3、どっちがオススメの端末なのか?
  2. Black Shark3 の特徴
  3. ROG Phone3 の特徴
  4. ROG Phone3 とBlack Shark3 の違いとは?
    1. リフレッシュレートの違い
    2. 冷却性能の違い
    3. 録画・ライブ機能の違い
    4. 価格の違い
    5. プロリーグを目指す方へ
  5. 予告:今後もゲーミングスマホ紹介動画をお送りします

ROG Phone3 vs Black Shark3 比較レビュー

参照元:YouTube

はいどうも、皆さんこんにちは!みしぇるです。

今日は皆さんにとって一番気になる内容です。「Black Shark3とROG Phone3、どっち買った方がええねん!」という話でございます。

これについて色んな角度から使ってみまして、どこがどういう特徴があるかという事をご説明したいと思います。

結論:Black Shark3とROG Phone3、どっちがオススメの端末なのか?

結論から先に言います。ここだけで終わりでいい位です。

  • 今のPUBGモバイル環境でコスパ最強なのは「Black Shark3」
  • ハイエンドで余裕をもってプレイしたいなら「ROG Phone3」

参照元:YouTube

現状のPUBGモバイルであれば、答えとしてはこの2つでいいと思います。では早速何が違うのかをお話ししていきます。

Black Shark3の特徴

参照元:YouTube

  • Snapdragon 865搭載
  • ディスプレイサイズ 6.67インチ
  • 液体冷却システム搭載
  • 充実した外部アクセサリー

参照元:YouTube
冷却ファンをBlack Shark3に着けた様子

重さもそれほど感じません(重量:約222g)。外部アクセサリーに冷却ファンが付いていたりと、かなり充実しています。

※ 外部アクセサリーは下記のアイテムがGlimpseで販売されています(2021年1月現在)。Balck Shark3本体と別売りでの販売です。


Black Shark3 外部アクセサリはこちら↓

Black Shark FunCooler Pro
熱くなったスマートフォンを瞬時に冷却するデバイス
商品ページ

Black Shark Magnet Charging Cable
操作の邪魔にならないマグネット式充電ケーブル ※スマートフォン別売り
商品ページ

Black Shark Gamepad 3 (set) - L
素早く精密な操作を要求されるゲームで勝つためにデザインされたコンソール ※スマートフォン別売り
商品ページ

Black Shark Gaming Triggers
スマートフォン用ゲーミングトリガー ※スマートフォン別売り
商品ページ

Black Shark Bluetooth Earphones 2
世界最高水準の低遅延ワイヤレスイヤホン
商品ページ



  • 3.5mmイヤホンジャックも標準搭載

参照元:YouTube

  • リフレッシュレートは90Hz
    PUBGモバイルの「スムーズ  + 90FPS」にも対応しています。
  • 大容量バッテリー 4720mAh
    最高画質の「HDR + 極限」に設定しても僕は3時間ほどプレイできました。

充電しながらのプレイももちろん出来ます。今まではUSB Type-C端子で端末の横に挿すタイプが大半でした。しかし、Black Shark3ではUSB Type-C端子での充電だけだけでなく、マグネット式充電ケーブル(別売り)を背面に取り付けて充電もできます。

参照元:YouTube

充電ケーブルを横に挿すとプレイしにくい持ち方になりますがマグネット式充電ケーブルを使えばそういったことがなくなります。

参照元:YouTube

そういった意味ではBlack Shark3は7万円切っていて、外部アクセサリも売っていて充実しています。


Black Shark3商品情報はこちら↓

Black Shark3
コスパで選ぶならコレ!
商品ページ



ROG Phone3の特徴

参照元:YouTube

カンタンなスペックをおさらいしていきます。

  • Snapdragon 865 Plus搭載
  • ディスプレイサイズ 6.59インチ
    Black Shak3のディスプレイサイズが6.67インチなので0.08インチの差があります。
  • 超大容量バッテリー6000mAh
    Black Shak3よりもバッテリー容量が1280mAh多いので、より長時間のプレイにも対応しています。
  • リフレッシュレート144Hz
  • 前作ROG Phone2に比べ6倍のヒートシンク搭載

参照元:YouTube
ROG Phone 冷却クーラー

充電端子とイヤホンジャック搭載の専用のクーラーもあり、冷却性能もアップしています。


ROG Phone3 商品情報はこちら↓

ASUS ROG Phone 3
ハイスペックで選ぶならコレ!
Amazonで見る(外部サイト)



ROG Phone3とBlack Shark3の違いとは?

僕はROG Phone3とBlack Shark3両方、長時間使っています。正直に使った感想をお話ししていきます。

リフレッシュレートの違い

参照元:YouTube

ROG Phone3のリフレッシュレートが144Hzまで対応しているのでMAXはROG Phone3の方が出ると思います。しかし、現状PUBGモバイルが90fpsにまでにしか対応していないので、正直、使っている限りはそんなに差を感じないです。

リフレッシュレートとは:画面の描画を1秒間に何回更新するかを表したもの。リフレッシュレートが高いほどスムーズな映像を表示できます。

PUBGモバイルが今後どのように変更がでるか分かりませんが、もし画面のリフレッシュレートが現在の90fpsから120fpsとか144fpsに上がってきたら、Black Shark 3のリフレッシュレートが90Hzである事がネックになるかもしれません。

それに対してROG Phone3はリフレッシュレートが144Hzなので処理能力的には十分なのかなと思います。そういったところで判断してもいいかもしれません。


ROG Phone3Black Shark3
リフレッシュレート144Hz90Hz

冷却性能の違い

参照元:YouTube
左:Black Shark冷却ファン、右:ROG Phone冷却ファン

冷却性能についてはちょっと差があるかな、と思いました。

Black Sharkの冷却ファン「Black Shark FunCooler Pro」が僕の中ではメチャクチャ強い!裏面が霜が降りるくらい冷えるんです。ペルチェ素子というものを使っていて物凄い冷えるんです。冷蔵庫の中かと思うくらい冷えます。

参照元:YouTube
Black Shark冷却ファン裏面

この「Black Shark FunCooler Pro」とROGPhoneの「AeroActive Cooler 3」の冷却性能を比べちゃうと「Black Shark FunCooler Pro」の方に軍配が上がります。

さらに他のスマホにも使えるのもいいですね。※サイズが合えばiPhoneや他のAndroid端末に取り付けることも可能です。


Black Shark 冷却ファンの商品情報はこちら↓

Black Shark FunCooler Pro
熱くなったスマートフォンを瞬時に冷却するデバイス ※スマートフォン別売り
商品ページ



ただROG Phone3に取り付けることも出来るので、そうするとメモリや冷却性能も含めてROG Phone3の方が最強になるのかなと思います。

参照元:YouTube
Black Shark冷却ファンをROG Phoneに着けた様子

録画・ライブ機能の違い

参照元:YouTube

ROG Phone3の優れている点の一つとして「録画機能・ライブ機能」が標準装備されている点が挙げられます。ちなみに、Black Shark3で録画機能やライブ機能を使うには外部アプリを入れる必要があります。

ROG Phone3ではライブがそのまま出来ちゃいます。その場で題名も決めれて、顔出しで出来ます。Omlet Arcade(ゲーム配信アプリ)を使わずに配信出来るので、画面下にOmlet Arcadeのロゴが出る心配がありません。

価格の違い

値段も違うので何がいいかはそれぞれの価値観にお任せします。


ROG Phone3Black Shark3
価格12万円台6万円台

※価格は2020年1月8日時点の情報です。最新の価格情報は商品ページをご覧ください。

ROG Phone3の価格を見る(外部サイト)

Black Shark3の価格を見る

プロリーグを目指す方へ

最後に、PMJL(PUBG MOBILE JAPAN LEAGUE)やプロリーグを目指している方に向けてお話しします。

ROG Phone3本体の端末上部の超音波タッチセンサーはLRボタンになりえます。設定しなければLRボタン機能は付けられないのですが、これが付けれちゃうのがネックになってしまうかもしれません。

参照元:YouTube

それについては大会の規約などを見ていただいて使って良いか悪いかを自分で判断してください。規約に抵触するか否かは自己責任になりますが、ROG Phone3の性能は確かなものです。

どっちが優れているかは今回の内容をもとに考えてもらうといいかと思います。

今回のレビューまとめ

  • 今のPUBGモバイル環境でコスパ最強なのは「Black Shark3」
  • ハイエンドで余裕をもってプレイしたいなら「ROG Phone 3」
  • リフレッシュレートはROG Phone3の方が上だがPUBGモバイルが90fpsまでなので、あまり差は感じない。
  • 冷却ファンは「Black Shark FunCooler Pro」の方に軍配が上がる
  • Black Shark3でライブ配信・録画機能を使うには外部アプリを使う必要があるがROG Phone3では標準搭載されていて便利
  • ROG Phone3本体の端末上部の超音波タッチセンサーはLRボタンになりえるので、大会規約などに違反しないかをチェックする必要がある

今回レビューした商品はこちら↓

Black Shark3
コスパで選ぶならこちら!
商品ページを見る

ASUS ROG Phone 3
ハイスペックで選ぶならこちら!
Amazonで見る(外部サイト)


予告:今後もゲーミングスマホ紹介動画をお送りします

今回はBlack Shark3とROG Phone3の違いを一本の動画にまとめた方が皆さんにとっても分かりやすいと思ったのでお話してみました。

今後は「ROG Phone2からROG Phone3への進化」や「Black Shark2からBlack Shark3への進化」などの端末シリーズ比較、キャリアスマホについてもご紹介していく予定です。ぜひご覧ください。

みしぇるさんのYouTubeチャンネル(外部サイト)

※レビューの内容は2020年12月23日時点の内容となります。製品仕様やPUBGモバイルのプレイ環境は予告なく変更となる可能性がございますので、最新情報は各公式サイトをご覧ください。


ASUS ROG Phone 3
ハイスペックで選ぶならこちら!
Amazonで見る(外部サイト)

Black Shark3
コスパで選ぶならこちら!
商品ページを見る