Halo・MoGo Pro・MoGo 徹底比較! 写真盛沢山でXGIMIプロジェクターシリーズの違いをレビュー

XGIMI社の大人気モバイルプロジェクターであるMoGo、MoGo Pro、Halo。コンパクトなサイズ感でハイクオリティな動画を楽しめる点が特徴です。

しかし、どのタイプを買えばいいのか悩んでいる方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方のためにMoGo、MoGo Pro、Halo徹底比較し、写真盛沢山でご紹介します!

画質や音質、解像度、サイズ感、外観をしっかり知りたいという方は必見!また、最後には詳細なスペック比較表とGlimpseスタッフによる生の声もご紹介しています。

【目次】

  1. XGIMI社のHalo、MoGo Pro、MoGoの概要
  2. 外観の比較
  3. 本体サイズの比較
  4. 重量の比較
  5. 投影解像度の比較
  6. 明るさの比較
  7. 投影サイズの比較
  8. スピーカーの比較
  9. 価格の比較
  10. 消費電力の比較
  11. Glimpseスタッフが選ぶオススメ
  12. 選び方のポイント
  13. スペック一覧

XGIMI社のHalo、MoGo Pro、MoGoの概要

中国の巨大なプロジェクター市場でトップシェアを誇る「XGIMI(ジミー)」。過去5年間でデザインやイノベーションの賞を25個受賞している実力派のプロジェクターメーカーです。

そんなXGIMI社が出すHalo、MoGo Pro、MoGoは、コンパクトなサイズにもかかわらず、音質・画質ともにハイスペックで大人気商品となっています。

Halo 商品ページ MoGo Pro 商品ページ MoGo 商品ページ

外観の比較

画像は全て左からMoGo、MoGo Pro、Haloの順で並んでいます。MoGo、MoGo Proは白とシルバーを基調としたデザイン、Haloは黒とシルバーを基調としたデザインになっています。

化粧箱しっかりとした化粧箱に入っています。

正面から見た本体正面から見ると、Haloが一番大きいのが分かりますね。MoGoとMoGo Proは同じデザインです。

背面から見た本体背面にはコネクタ類や電源ボタンがあります。

上から見た本体3つとも画面上部に電源ランプ、音量調整ボタン、再生/一時停止ボタンが付いています。

下から見た本体下には3脚取付用の穴が付いています。Haloのみスタンドが付いていて斜めに傾けることが出来ます。

Haloのスタンドを使った時Haloのスタンドを使うと画像のようになります。高さと傾きをつけられるので、多少の調整なら3脚が無くても可能です。

本体サイズの比較

本体サイズはHaloが171.5 x 113.5 x 145mmと一番大きいです。MoGoとMoGo Proは同じ大きさで146 x 105.5 x 94.5mmとなります。

 MoGoMoGo ProHalo
本体サイズ
146 × 105.5 × 94.5mm
146 × 105.5 × 94.5mm
171.5 × 113.5 × 145mm

重量の比較

MoGo/MoGo Proを片手で持った時MoGo、MoGo Proはどちらも0.9kg。女性でも簡単に片手で持てます。満タンの牛乳パックと同じくらいの重量感です。

Haloを片手で持った時Haloの重量は1.6kg。片手で持てない事は無いですが、片手だと重さを感じます。落とす心配のある方は、片手持ちは控えた方がいいかもしれません。しかし、かなり重たい訳ではないので持ち運びは十分可能です。

 MoGoMoGo ProHalo
重さ
0.9kg
0.9kg
1.6kg

投影解像度の比較

MoGo ProとHaloが同じ解像度で1920 x 1080 (1080p)です。MoGoの解像度は、3つの中で一番低く960 x 540 (540p)となります。
下記の写真は同じ映像を映した時の様子です。写真下側の木々を見ると解像度の違いがよくわかります。
また、同じ解像度のMoGo ProとHaloですが、Haloの方がよりコントラストが鮮明に映し出されることが写真からもわかります。
※写真は、暗所で壁に投影したものを撮影しています。解像度の比較として参考にしてください。

Haloの投影解像度

MoGo Proの投影解像度

MoGoの投影解像度

MoGoは会議資料や普通の動画を見る分には問題ない解像度です。しかし、画質にこだわって動画を見る場合にはMoGo ProかHaloがよさそうですね。

 MoGoMoGo ProHalo
投影解像度960 x 540 (540p)1920 x 1080 (1080p)1920 x 1080 (1080p)

明るさの比較

明るさはHaloがもっとも明るいです。次に明るいのはMoGo Pro、その次にMoGoとなります。画像はMoGo、MoGo Pro、Haloを並べて映像を投影したものです。

明るさ比較(左:MoGo 中:MoGo Pro 右:Halo)

 MoGoMoGo ProHalo
明るさ210ANSIルーメン300ANSIルーメン600~800ANSIルーメン

投影サイズの比較

投影サイズはHaloがもっとも大きく、最大300インチ(高さ3.7m、幅6.6m)まで大きくなります!MoGo/MoGo Proの最大投影サイズ100インチ(高さ1.2m、幅2.2m)と比べると破格の大きさです。

本当は投影サイズ比較の写真を載せたかったのですが、撮影場所が用意できないほど大きかったので断念しました。

代わりにイメージで表現すると下記の画像くらい差があります。MoGo/MoGo Proも十分な投影サイズですが、Haloならより大きな画面を楽しめます。

 MoGoMoGo ProHalo
投射サイズ
30~100インチ以上
30~100インチ以上
30インチ~300インチ以上

スピーカーの比較

スピーカーはHarman Kardonのスピーカーを搭載しており、Haloが5W×2基、MoGo/MoGo Proが3W×2基となっていて、Haloが一番スペックが高いです。

聴こえ方としては、オーケストラの演奏では、MoGo/MoGo Proは楽器の音だけが聴こえている感覚でしたが、Haloはそれだけではなく楽器が震えている様子やホールに音が反射する様子までわかるような、複雑な音の重なりや深みを感じました。

Haloは臨場感のある音を出してくれるので、部屋を暗くして大音量で使うと本当に映画館にいるような気分を味わえます。アクション映画や重厚な音をしっかり楽しみたい方はHaloがオススメです。もちろん、MoGo/MoGo Proも音はいいので、どこまでこだわりたいかが決め手となりますね。

 MoGoMoGo ProHalo
スピーカー出力
3Wx2基
3Wx2基
5Wx2基

価格の比較

MoGo、MoGo Pro、Haloの価格は次の通りです。予算に合わせて選んでみてください。

 MoGoMoGo ProHalo
参考小売価格44,800円(税込)74,800円(税込)96,800円(税込)

使用時間の比較

MoGo、MoGo Pro、Haloの使用時間の目安は次の通りです。

 MoGoMoGo ProHalo
使用時間最大動画4時間・音楽8時間(省エネモード時)
最大動画4時間・音楽8時間(省エネモード時)
最大動画4時間・音楽8時間(省エネモード時) 

Glimpseスタッフが選ぶオススメ

もし買うならどれにするか、Glimpseスタッフに聞いてみました!

  • Halo派のコメント
    テレビ代わりに使いたいので、ある程度明るい部屋でも綺麗に見えるHaloを選びます。オンラインのライブや映画を観るので、音質の良さも選ぶポイントでした。(30代女性)

    Haloは音質も画質もいいので家で映画館気分を味わえます。映画館は話し声などで没入できないタイプなのでどうしても大画面で見たい映画があるときに良さそうです。(20代女性)
  • MoGo Pro派のコメント
    フルハイビジョンで一通りの映像が文句なしに観られるからです。くつろぎ場所にテレビが陣取っているので、気分を変えたいときや寝ながら好きなYoutube流したりする時に使いたいです。とは言え、Haloと悩んでいるのも事実です。(30代後半女性)
  • MoGo派のコメント
    MoGoは、HaloやMoGo Proの半額程度の価格なのに一定のクオリティはあるのが良いと思います。普段ニュースやバラエティ番組を見る分には十分です。

Halo 商品ページ MoGo Pro 商品ページ MoGo 商品ページ


選び方のポイント

MoGo/MoGo Pro/Haloの選び方のポイントとしては、使う用途、どこにこだわるか、などがあります。

使う用途で選ぶ

  • 映画や音楽を楽しみたい
    →Haloがオススメ
  • ニュースやバラエティ番組を楽しみたい
    →MoGo/MoGo Proがオススメ
  • 色んなところに持ち運んで使いたい
    →MoGo/MoGo Proがオススメ
  • オフィス用やプレゼンテーション用として使いたい
    →MoGoがオススメ

どこにこだわるかで選ぶ

  • 画質や音質にとにかくこだわりたい
    →Haloがオススメ
  • コンパクトさや画質、音質などバランスよく兼ね備えたものがいい
    →MoGo Proがオススメ
  • 出来るだけ価格が安いものがいい
    →MoGoがオススメ

Halo 商品ページ MoGo Pro 商品ページ MoGo 商品ページ

スペック一覧

 XGIMI社のMoGo、MoGo Pro、Haloのスペック比較表は以下の通りです。

 MoGoMoGo ProHalo
参考小売価格44,800円(税込)74,800円(税込)96,800円(税込)
投影解像度960 x 540 (540p)1920 x 1080 (1080p)1920 x 1080 (1080p)
明るさ210ANSIルーメン300 ANSIルーメン600~800ANSIルーメン
本体サイズ146 x 105.5 x 94.5mm146 x 105.5 x 94.5mm171.5 x 113.5 x 145mm
重さ0.9kg0.9kg1.6kg
フォーカス調整高速オートフォーカス高速オートフォーカス高速オートフォーカス
投影方式DLPDLPDLP
入力可能な映像解像度4K(3840x2160px)、2K(2560x1440px)、1080p(1920x1080px)4K(3840x2160px)、2K(2560x1440px)、1080p(1920x1080px)
4K(3840x2160px)、2K(2560x1440px)、1080p(1920x1080px)
画面縦横比16:916:9
16:9
投射サイズ30~100インチ以上30~100インチ以上30~300インチ以上
投影倍率1.2:1 (投影距離2m:76インチ)1.2:1 (投影距離2m:76インチ)1.2:1 (投影距離2m:76インチ)
台形補正※1垂直 ±40°、水平 ±40°垂直: ±40°、水平:±40°垂直 ±40°、水平 ±40°
上下反転投射
ディスプレイチップ0.23インチ DMD0.23インチ DMD0.33インチ DMD
スピーカー出力3Wx2基3Wx2基5Wx2基
CPUAmlogic T950X2Amlogic T950X2Amlogic T950X2
GPUMali-G31Mali-G31Mali-G31
RAM2GB 2GB 2GB 
ストレージ16GB16GB16GB
OSAndroid TV 9.0Android TV 9.0Android TV 9.0
Google アシスタント○(リモコンや接続マイクからの音声操作)○(リモコンや接続マイクからの音声操作)○(リモコンや接続マイクからの音声操作)
ミラーリングChromecastChromecastChromecast
インプットDC x 1、HDMI x 1、USB 2.0 x 1DC x 1、HDMI x 1、USB 2.0 x 1DC x 1、HDMI x 1、USB 2.0 x 1
アウトプットヘッドフォン x 1ヘッドフォン x 1ヘッドフォン x 1
Wi-Fi※22.4/5GHz, 802.11a/b/g/n2.4/5GHz, 802.11a/b/g/n2.4/5GHz, 802.11a/b/g/n
BluetoothBluetooth 4.2/5.0Bluetooth 4.2/5.0Bluetooth 4.2/5.0
騒音< 30dB< 30dB< 30dB
充電時間約1時間約1時間約1時間
連続使用時間最大動画4時間・音楽8時間(省エネモード時)最大動画4時間・音楽8時間(省エネモード時)最大動画4時間・音楽8時間(省エネモード時)
消費電力45W55W90W
電源AC100-240V, 50/60HzAC100-240V, 50/60HzAC100-240V, 50/60Hz
光源寿命30000時間30000時間30000時間
同梱物※3充電ケーブル(日本仕様)、リモコン、説明書充電ケーブル(日本仕様)、リモコン、説明書充電ケーブル(日本仕様)、リモコン、説明書

※1 垂直補正は自動、水平補正は手動です。

※2 屋外での5GHz帯の使用はお控えください。

※3 リモコンには単4電池を2本使用します。同梱されておりませんのでご用意ください。

Halo 商品ページ MoGo Pro 商品ページ MoGo 商品ページ