【レビュー】結局どれがオススメ!?ワイヤレスイヤホンBlack Shark Luciferシリーズ比較してみた!

ゲーミングスマートフォンでおなじみのBlack Sharkですが、実はゲームプレイ用の様々な周辺機器も開発していることをご存じですか?

スマホを冷却するクーラー、音を聞き取りやすくするオーディオ機器、操作をしやすくする指サックなどなど、さらにスマホにこだわらずゲーミングマウスやマウスパッド、ヘッドセットといったPCゲームも視野に入れた展開をしていますね。


その中でも特にラインナップが多いのがワイヤレスイヤホンBlack Shark Luciferシリーズです!
現状、Amazonでは合計5種類が販売されています。

Black Shark Lucifer T1 3,499円(税込)
Black Shark Lucifer T2 3,999円(税込)
Black Shark Lucifer T4 3,999円(税込)
Black Shark Lucifer T6 3,999円(税込)
Black Shark Lucifer T10 4,599円(税込)

ラインナップが多いことは一見してよいことに思えますが、これだけ種類があると「結局どれが一番良いの?」と思われる方もいると思います。

そこで今回は、Black Shark Luciferシリーズを実際に聴き比べて音の特徴や価格も踏まえたオススメ度合いなどをまとめていきたいと思います!

※あくまで個人の感想ですので参考程度にご覧ください

Black Shark Lucifer T1

外観

では、最も初期型のT1からレビューをしていきたいと思います!

ケースは蓋が広いタイプで、今だと少し珍しい形状をしていますね。
蓋の形状は多面的でカッコいいです。

黒いケースに緑色のロゴが映えています。
裏は丸みがあるので手で持ちにくいということもありません。

イヤホン本体はAirPodsなどと同じうどんタイプですね。
こちらにもBlack Sharkのロゴが印刷されています。


音質

さて、肝心の音について触れていきますが、
私が個人的にイヤホンを選ぶ際に大事にしているのが「立体感」と「音の層」です。

「立体感」はその言葉通り、音が前、左右、後ろから立体的に聴こえてくるかどうか
「音の層」は要するに、同時に流れている音をそれぞれ聞き分けられるかどうか
ということです。


こちらを踏まえてT1の感想を述べると、「立体感」はあまりないように感じてしまいました。
音は基本的に前から出ている感じがしており、のっぺりとした印象を少し持ってしまいますね。
「音の層」については結構聞き分けられるほうですが、少し低音の主張が強すぎるかなと感じました。
ぼわぼわとしていて意識していないと中音が聴き取れないときがあります。


総評

個人的な総評としては「本格的に音楽を聴くのにはちょっと不向き、Youtubeなどの動画をカジュアルに見るのにおすすめ」という感じでした。
シリーズの中では最も安い2,999円(税込)なので、カジュアルに外出する際に持ち運ぶイヤホンとしてもよいのかなと思います。

Black Shark Lucifer T2

外観

ケースはAirPodsなどをはじめとした、蓋が小さい主流な形状ですね。
T1にもあった多面的なデザインがおしゃれです。

カラーは銀のメタリックですが、ケース自体はプラスチックなので軽くて持ち運びやすいと思います。
Black Sharkのロゴは控えめに印刷されています。

イヤホン本体の形状はT1と同じうどんタイプですが、こちらのほうがロゴなどの印刷がなく、シンプルですね。


音質

さて、音に関してですが個人的に結構良いなと感じました!

「立体感」がしっかりあって、いろんな方向から音が聴こえてくるので、音楽を聴いていて楽しいです!
「音の層」も、低・中・高のメリハリがしっかりしていて、聴き取りやすいなと感じます。
よく低音・高音が強いけどボーカルが聴き取りづらいというものもありますが、こちらはボーカルもしっかりと聴き取れますね。


ただ、1つだけ気になる点を挙げるとすれば、メリハリがありすぎて低音のドンドンと高音のシャリシャリが激しく聴こえてくるので、人によっては長時間使っていると耳が疲れるかもしれません。


総評

さて、T2の総評ですが「音のメリハリがしっかりしていて、開放感のあるイヤホン」ですね!
Black Shark Luciferシリーズの中で一番ボーカルがはっきり聴こえるので音楽鑑賞にとてもオススメです!

正直このクオリティで3,999円(税込)はかなりコスパ良いんじゃないかなと思います!

Black Shark Lucifer T4

外観

ケースは細長くて、判子入れのような見た目をしています。
パッと見てT1やT2のケースより小さそうに見えますが、意外と厚みがあるのでどっちもどっちという感じかなと思います。

カラーはT2と同じくメタリックグレーです。
これまでの2つのような多面的なデザインはなく、必要最低限のシンプルな形状をしていますね。
側面にBlack Sharkのロゴがありますがかなり小さいです。

イヤホン本体はうどんではない耳栓型です。
かなりコンパクトで付けていてもあまり目立たないですね。
LEDがブラックシャークのロゴになっていておしゃれです。


音質

音質に関しては、T2と同じくらい良いと思います!ただ、傾向は若干異なりますね。

「立体感」は少しひかえめですが、のっぺりした感じにはなっていないので絶妙なバランスだと感じます。
「音の層」も、T2ほどメリハリがあるわけではありませんが、バランスが良くいずれかの音が弱くて聴き取りづらいということはありません。
しいて言うならT2よりも低音は強めかなと思いますが、主張が強すぎるということもありませんでした。


T2との違いを言語化するのが少し難しいのですが、
T2:低・中・高の間のメリハリが強い代わりに、その分それぞれの主張が強くて人によっては耳が疲れる
T4:メリハリはないがそれぞれのバランスが取れているので聴きやすい。ただし、T2ほどの迫力は無い。

という感じでしょうか。(分かり辛かったらすみません…)


総評

さて、こちらの総評ですが「癖がなく、バランスが取れているので初めて手にする方にお勧めのイヤホン」ですね!

値段は3,999円(税込)ということでT2と同じ、音質もT2と同じくらい良いので、あとはケースや本体サイズ、上述した音の傾向の違いから判断していただければなと思っています!

Black Shark Lucifer T6

外観

ケースはT2に非常に近いですが、上下に少し装飾が増えていて、こちらのほうがカクカクしていますね。

カラーはマットブラックで、T2と同じサイズでBlack Sharkのロゴが印刷されています。
ケースを充電したりするときのLEDのデザインも若干異なりますね。

左がT6、右がT2のケースです。

イヤホン本体はT2と全く一緒の形状で、カラーがブラックになっているかどうかの違いしかありません。
果たして音は違うのでしょうか?


音質

さて、音ですが意外にもT2と比べると結構違っています!低音の主張がすごく強いという印象ですね。

「立体感」は十分にありますが、「音の層」については低音の主張が強すぎて、中音の聞き取りが難しく感じます。
ただ低音が大きいというよりも、耳の近いところでドンドンと音が鳴っている感じなので開放感があまりないなと感じました。

ただ、ドンドンとした低音が好みの方にはとてもハマりそうな音だなと感じます!


総評

T6の総評は「低音好きの方に特におすすめ!ただ、あくまで音楽向きなイヤホン」です!
低音がとても強調されるので、低音メインの音楽を聴くのには非常に適していますが、Youtube動画などで人が話している動画だとBGMの低音が強調されすぎて気が散ってしまう懸念があるかなと思いました。

Black Shark Lucifer T10

外観

ケースはこれまでのBlack Shark Luciferシリーズとは大きく変わって、曲線的なかわいらしいデザインですね。

ケースにはBlack Sharkのロゴが入っていないので、パッと見だとBlack Sharkのアイテムだとはわからないですね。

パープルはLEDがハート形になっていますBlack Shark Lucifer T10は唯一カラーバリエーションがあり、ブラック、ホワイト、イエロー、ピンク、パープルの計5種類が用意されています。
カラーによってLEDの形状も異なりますので好みで選ぶことができますね。

イヤホン本体はうどん型で、こちらにはしっかりBlack Sharkのロゴが入っています。


音質

音はこれまでのBlack Shark Luciferシリーズの中で最も低音が控えめに感じました。
ですが、中音・高音がしっかりしていることや、「立体感」や「音の層」もそれぞれ良いので、のっぺりした感じにはなっていません!

ただ、低音の主張が控えめということは、その分音の迫力は少なくなってしまうので、迫力のある音を求めている方はT10よりも他のモデルが良いかもしれませんね。


総評

T10の総評ですが、「癖がないのでこちらも初心者にオススメ!ただ、どちらかというと動画向きなイヤホン」という感じです!

4,599円(税込)とこれまでのモデルよりもちょっとお値段が上がりますが、低音が苦手な人やカラーを変えたいという方はぜひ検討してみてください。

まとめ

さて、Black Shark Luciferシリーズ全5種類を比較してみました!
最後に簡単にまとめていきたいと思います!

比較表

これまで述べてきた感想を簡単な表にまとめてみました!


T1T2T4T6T10
低音
中音
高音
立体感
音の層
メリハリ
総評のっぺりしているメリハリがある癖がない低音が強い低音が控えめ
価格2,999円(税込)3,999円(税込)3,999円(税込)
3,999円(税込)
4,599円(税込)

実際に比較してみるまでは最新のT10が一番良くて、そこからグレードが下がっていくものなのかなと思っていたのですが、想像以上に古いモデルも良い音をしていました!(特にT2にびっくり!)

これは個人的な感想ですが、表に色を付けたT2、T4、T6が特にオススメですね!
音の好みやケースの形、色なども考慮して選んでみてください!


遅延について

ゲーミングスマートフォンブランドであるBlack Sharkのアイテムなら、ゲーム時の遅延も気になるところですよね?

実は、Black Shark Luciferシリーズには「ゲームモード」が搭載されています。
右のイヤホンを連続で3回タップすると、ゲームモードになり低遅延になります!

実際にApex Mobileをプレイしてみましたが、確かにどのモデルもメーカー公表値の55~45msくらいの遅延で収まっている感じで、ゲームプレイに支障はありませんでした!

ただ、ゲームモードにすると若干音質が悪くなるというか、音が全体的にスカスカした感じになるのでそちらはご注意ください。


ノイズキャンセリングやアプリ連携について

Black Shark Luciferシリーズにはノイズキャンセリング機能や、Black Shark端末のShark Spaceとのアプリ連携機能はありません。

ノイズキャンセリングやアプリ連携機能を使いたい場合は、上位モデルのJoyBudsやJoyBudsProを検討してみてください!


Black Shark Luciferシリーズの比較レビューは以上になります!
リーズナブルな価格でなかなか良い音が出るシリーズですので、ぜひBlack Shark好きの方はもちろん、ワイヤレスイヤホン新しいの買いたいな~と思っている方が参考にしていただければ幸いです!