エアコンはスマホ管理の時代!SENSIBO Skyはただのリモコンにあらず

この記事でレビューする商品はこちら↓

SENSIBO Skyはただのリモコンにあらず


こんな人におすすめ 

  • エアコンをIoT化したい
  • 電気代を削減したい

ここがイイ!

  • どこでもエアコンを遠隔操作
  • 外出・帰宅時に自動でON/OFF
  • 洗練されたデザイン

ここがイマイチ...

  • 特になし!

エアコンを手軽にIoT化

今や私たちの生活に欠かすことができなくなったエアコン。特にうだるような夏の季節には一日中稼働し続けているような家庭も多いことだろう。

とはいってもリモコンを紛失したり外出時に消し忘れたり、はたまた帰宅時には室内が異常に暑くて不快な思いをすることもあるのではないだろうか。そういった時に便利なのがSENSIBO Skyだ。

SENSIBO Skyは家庭内のWi-Fiと接続することでスマホからの操作・管理を可能にする優れもの。そのシンプルな見た目からは想像もつかない様々な機能を盛り込んでいる。 

Google HOMEやAmazon ECHOといったスマートスピーカーとの連携も可能にしている。音声認識を用いることで、ハンズフリーでエアコン操作が可能になるため、活用の幅が広がることだろう。

 

もうリモコンは要らない!

SENSIBO Skyはスマホから受け取った信号をもとに上部の黒いエリアから赤外線を発してエアコンを操作する仕組みになっている。そのため一般的なリモコン同様、エアコンにある程度近い距離であれば基本的にどこからでも操作が可能だ。

設置場所に関して特に制限はないが、基本的にはエアコン近くの壁に貼り付けることになるだろう。シンプルなデザインなので部屋の雰囲気を損ねることがないのもありがたい。


初めに簡単なセットアップを済ませてしまえば、専用アプリを用いてスマホから操作ができるようになる。

温度や風向・風力の調整、タイマー設定など、基本的な機能は網羅している。


従来のリモコンとは違い、SENSIBO Skyには室内の温度・湿度を計測する機能も搭載されている。
そのため「室温が27℃を上回ったら25℃になるようにクーラーをつける」といった設定もできてしまうのだ。

これらは反応速度も申し分なくストレスフリーで操作可能なので、エアコンに付属していたリモコンは必要なくなる。もちろんこれは比喩表現だが、捨ててしまってもいいくらいだ。

ネットワークによる管理が可能

SENSIBO Skyはネットワークを介してスマホと接続されているため、外出先からでも室温の確認や遠隔操作が可能だ。特に小さなお子様やペットのいる家庭などでは室内状況を常時モニターできるのは願ってもない機能だろう。

もう一つの特徴とも言えるのが自動切換え機能だ。これはスマホの位置情報を使用することによってエアコンのON/OFFを自動で切り替えてくれるもので非常に重宝する。

例えば外出するとき。これまでは家を出る前にエアコンを消す手間があったし、うっかり切り忘れてしまって無駄な電気代を支払うなんてことになった人も少なくないだろう。

帰宅するときはどうだろうか。蒸し暑い夏の日、凍えるような冬の日、家に帰ってホッと一息つきたいところだがもちろんエアコンはついていない。快適な室温になるまで待たねばならないのはもどかしい。


しかしSENSIBO Skyはそういったわずらわしさを全て解決してくれる。
スマホが自宅から一定距離離れると自動でOFFにし、逆に自宅に近づくと自動でONにしてくれるのだ。
もちろんこの距離は自由に設定可能だ(100m~8000m)

これ以上ないスマートガジェット

あまりに便利すぎて手放せなくなるほどにもかかわらず、これといって不便な点が特に見当たらないのが憎いところだ。正直言ってSENSIBO Skyのない生活は想像もしたくないくらい。
 

家族との同居、一人暮らし、二世帯住宅など、SENSIBO Skyは様々なライフスタイルに合わせて活用できるガジェットだ。エアコンをスマートに管理してこの夏を乗り切ろう!