MATRIX PowerWatch Series 2 完全レビュー

この記事でレビューする商品はこちら↓

体温とソーラーで発電し、充電不要のスマートウォッチ【MATRIX PowerWatch Series 2 】をレビューします。このPowerWatch Series2と通常のPowerWatchとの違いは主にカラーディスプレイ、心拍センサー、GPS機能と時計とアプリのデザイン。

スマホは毎晩充電しないといけないので必要に迫られて充電していますが、個人的には充電するのは面倒くさいと思っているタイプです。新しいテクノロジーは好きなのですが、楽に使えるものがいいので、これまた毎日充電しなくてはいけないスマートウォッチは持っていませんでした。スマホでも歩数や睡眠時間を測る事ができるので、毎回充電するならスマホもスマートウォッチも価値はそれほど変わらないと考えていたのです。

クォーツ時計なら、1~2年に1回の電池交換でいいので、それとスマホがあれば十分だと考えていました。ただ、ランニングに行く時はやはりスポーツウォッチが欲しいなあ、とは思っていました。そんな時に見つけたのが【MATRIX PowerWatch Series2】だったのです。







まさに一目惚れ!G-shockのような迫力のあるこのデザインに惹かれ、さらになんと「充電不要」と謳っているではないですか!通常モデルが65,780円なので決して安くはない(むしろ高めな?)買い物。しかし、本当に充電せずに済むなら、”時は金なり”。その倍以上の価値があるのではないでしょうか。

さあ、届きました!

Powerwatch 2 を開包してみると、中には英語のマニュアル、スマホで日本語のマニュアルが見られるQRコードのついた1枚の紙が入っています。そして・・・え?充電器?!チャージ不要だと聞いて購入したので、一瞬テンションが下がりました。が、説明書を読むとGPSを平均1日に30分以上使う場合やヘビーユーザーでない限り、充電は不要だとの記載があり、安心しました。この条件なら個人的にはセーフではないかと。

大満足のルックス!

ストラップが少し物足りない


ネットで見ていた画像より、実物の方がカッコよくて大満足です!ただし、ストラップがちょっと気になりました。と、言うのも穴と穴との間が結構空いているので、自分にぴったりのシンデレラサイズ!というわけにはいかないかもしれません。私は運良くぴったりだったので良かったですが。きちんと体温で充電させるためにはやはりぴったりの方がいいので、プレミアムバージョンのストラップの方が良いのかも?と少し思いました。
左の画像は2ヶ月間使っていたものです。徐々に使用感は出てきたけれどまだまだいけそう。でも消耗品なのでいずれ交換する時が来るでしょう。しかし、ネットで付け替え可能なストラップを安く簡単に見つけることができるので、これは大した問題ではありませんね。

使ってみます!

さて、まずはセットアップをしていきましょう。時計の電源をONにすると電子音がして、Matrixのロゴが表示されます。事前準備として、説明書のQRコードでアプリをダウンロード。このアプリでスマホとPowerWatchをペアリングできます。アプリにはAndroidとiOSのバージョンがあり、私はiOSのアプリを使用しています。Androidよりいいと聞いていたのですが、特に大差ないのではないかと思っています。


ペアリングを行い、アップデートをしたら早速時計が使えます。メイン画面には歩数、消費カロリー、時間、日にちとバッテリーのレベル、メッセージマークそしてBluetoothの状態が表示されます。言語は変えることができるので、日本語、英語、フランス語にもできます。

イタリア語にしてみましたがサッパリ・・・(笑)

スマホの通知が画面にディスプレイされ、時計左上のUPボタンで全部の通知を確認と削除できるので便利です。特に緊急でないメッセージのためにわざわざスマホを取り出す事がなくなったのは思いのほかラクです。移動中にサクッとPowerWatch でチェックし、あとで落ち着いてスマホを出して確認することができるので、慌ててチェックしていてスマホを落としてしまった!なんて悲劇は確実に減ります。 返信はできないので、基本的にPowerWatchでパッと確認し、後からスマホで詳細をきちんと見て返信する、という使い方をしています。

歩数や歩いた距離の測定もしてくれます(今の数値は時計のメニュー、詳細データはアプリで見ることができます)。誤差は±10%程度ではないかと思います。小さい数字は少しずれていますが、200-300くらいからバランスを取り、大体合ってくるという印象です。ゴール設定ができるので1日10,000歩で設定したのですがなかなか届かなくて、もっと運動しなきゃ、と思わされます。

メインダッシュボード



カロリートラッキングも常にしてくれます(今の数値は時計のメニュー、詳細データはアプリで見ることができます)。AIが計算してくれるのですが、1時間の量は大体あっていますが、何もしていない時もプラスになることがあります。正確な消費カロリーの数値は血液検査ではないとわからないものですが、ここに表示される数値に特に違和感は感じません。これもゴール設定ができるので実際の消費カロリーと目標値とを見比べることができます。

心拍数センサーがついているので、心拍数を測ることもできます(今の数値は時計のメニュー、詳細データはアプリで見ることができます)。通常使っている時はこの心拍数センサーのライトがあまり光ることがないので初めは壊れているのかと思いました。ネットで調べてみると通常時は定期的に測り、平均値をとっているようです。時計を少し置きっぱなしにする時は、ちょうど測るタイミング時なら0、測っていない時は以前測った時点での数字が表示されているので、身に着けていないのに数値が出ていて少し不思議に感じます。でもこれも、節電のためにはずっと測っていない方がいいみたいです。朝起きてメールチェックすると
なんだかんだ言いましたが結局この数値、ほとんど合っていて、「ありえない!」と言いたくなるような仕事のメールが来た時は急に上がったりして、ストレスモニターにもなっちゃいます。ランニングやウオーキングのアクティビティーの時はライトがずっと付き、きちんと細かく測ってくれるようです。


シャワーの中で寝ているのかな?


睡眠測定も行い、深い眠りと浅い眠りを分けて計測してくれます。普段ほとんど時計を付けたまま寝ることはありませんが、せっかくレビューをするならこの機能もぜひ試してみようと思い、着用したまま寝てみました。ストラップを少しゆるくしたら、特に違和感なくつけたまま寝ることもできました。
シャワーを浴びる時に時計を置きっぱなしするとたまに睡眠時間と計算されることもあります。

シャワーと言えばこのPowerWatch2、防水機能がなんと水深200mまであるのです。こんなに必要?!海水は時計によくないのでつけて入らないとして、深さ200mの川・・・?あまりないですよね。また、基本的にこのようなテストは常温で行うので、40度以上の温泉というのは保証外ではないかと思います。防水が便利だと感じるのは雨の中のランニングや時計をまるごと水洗いできる事ぐらいかなと思うので、個人的には50m, 100m, 200mの違いはそれほど重視していません。

200mのダイビングや温泉はオススメできないとなると、その他にどのようなアクティビティーができるでしょうか。
今後増えるようですが、実際今はまだできるアクティビティ数は少ないです。現在はできるのは:

  • ランニング
  • ウオーキング
  • サイクリング

GPSを使用せずできますので、屋内でも屋外でも大丈夫です。

GPSが内蔵されているので、スマホのGPSは使用していません。スマホがなくてもGPS機能は使用できるということです。その代わりGPSを使用するまでに少し時間がかかります。アップデートで速くなってはいますが、やはり30秒程度同じ場所で待つ必要があります。

アクティビティを終了した時にアプリに時間、距離、平均ペース、カロリーとGPSの場合はインターアクティブ地図にトラックが表示されます。Stravaを使用している人ならば、自分の情報をアプリからシェアできます。 完全レビューと書きましたが、実はStravaはあまり使わないので、そちらは詳しく書きません。


アプリには、詳しいデータが蓄積されていくので、例えば今月初めのデータや先月の12日のデータが見たい!というときはアプリで確認することができます。


さらに、どれほど充電されているかもアプリではソーラーと体温とを分けて教えてくれます。
こうやって見てみると、私の場合、体温よりソーラーの充電が多いですが、やはりどちらからも充電していることがわかります。 曇りの日でも充電はできますが、暗い日や袖の中に時計が隠れてしまっている時はソーラー充電が少なくなります。

雨の日                         晴れの日

いくつかの小さなファンクションについても書いておきます。
・スリープモード
使わない時は節電のためにスリープモードに設定する事ができます。
・フライトモード
飛行機に乗る時はフライトモードでBluetoothをOFFにする事ができます。
・バックライト
これは役に立つのですが、少し使いにくいです。バックライトを点けるのに左下のボタンを3秒間押さないといけません。しかも点いたら、3秒後に自動的に消えます。3秒以内にメッセージを読んだりするのが間に合わない時もあります。Matrixは今後ライトアップをカスタマイズできるようにする予定だそうです(サイドタップにするか、操作中はライトアップさせておくなど)。これは早めにアップデートしてほしいです。

それ以外にも様々なアップデートの噂を聞きました。デベロッパーバージョンやストップウォッチ機能など。最後のアップデートで主に満足していますが、新しい機能が増えると思うとワクワクします。やはり大手のスマートウォッチに比べてPowerWatch2は独特な感じがあります。

本当に充電はいらない?

私の場合はGPSとアップデートを数回行った後に充電しました。4か月間使って1回だけです。しかも8~10分程度サーマルチャージャーで充電しただけ。そしてこれは、色々とリセットしたり、GPSを長く試したためでした。恐らくもう少し運動して体温を上げたり、外にでて太陽に当たっていたらいらなかったと思います。やはり充電不要のスマートウォッチだと言っていいと思います!文字通り、多機能で充電不要なスマートウォッチはこの【MATRIX PowerWatch Series 2】だけですね!ヘビーユーザーやマラソンが大好きで毎日GPSを使う人には適していないと思いますが、一般ユーザーはデザインが気に入ればもうこれは買うしかありません。

やはり怪物だ


ちょうどレビューを書き終わった時にアップデートが入り、ストップウォッチとタイマーが追加されました。

どちらも無事に動きました。

ストップウォッチは追加されて便利なのですが、現在は秒までしか計れませんでした。秒以下のミリ秒はまだ計ることができないので、これに関しては次のアップデート待ちですね。使い方はまだマニュアルに追加されていないのでここでは使い方に関しては触れませんが、意外と簡単でした。とにかくボタンを押してみるしかありません!みなさんも試してみてください!

タイマーもとても便利ですね、ランニングやエクササイズ時に設定した時間が経過すると手首に振動で知らせてくれるというのはいいですね。画面を見ると、経過時間の下に設定した時間も出ているので、あれ?何分タイマーしたんだっけ?と忘れてしまったときに便利です。

タイマーを3分に設定

エクササイズをしながら、カップ麺を作ることにしました(健康的なんだか非健康的なんだかわかりませんが笑)。タイマーを3分に設定。

出来上がりました!

エクササイズ中にきちんと手首に振動で教えてくれました。 

次のアップデートではアラームも追加されるらしいです。自分の持っているガジェットのアップデートはやはりワクワクしますね。今後も期待しています、Matrixさん!